会社情報

沿革


since 1918
ヤマガタヤ産業が誕生してから99年。
岐阜で生まれ、岐阜で育ってきた、地元密着企業です。
岐阜が大好きで、岐阜に何か貢献したい、という想いでいろいろな事業にチャレンジしてきました。

熱意、協力、感謝。
これらの社是を全社員忘れることなく、
私たちは、100周年に向かって全力で走ります。



ヤマガタヤ産業の歩み


大正7年2月先代吉田重兵衛が素材生産を主として山県屋材木店を個人創業
昭和21年11月山県屋木材(株)を岐阜市鶴田町に新設
昭和45年2月山県屋木材(株)を(株)ヤマガタヤに商号変更
昭和49年8月資本金1000万円にてヤマガタヤ産業(株)設立
11月(株)ヤマガタヤより分離
((株)ヤマガタヤ岐阜支店の設備、業務一切を継承)
昭和50年10月経理、営業事務の効率化を図るためコンピューター導入
昭和51年9月本社内に倉庫を増設し木材センター業務を開始
昭和53年9月資本金を2300万円に増資
昭和56年7月本巣郡穂積町野田新田に西濃店開設
昭和60年10月建材部を開設し住宅機器、新建材の取扱をはじめる
昭和61年7月本社にコンピューターデザイン設計室(CAD)開設
(グリーン建築設計事務所)
昭和63年11月工事部を設立し内外装工事を手がける
平成1年11月岐阜市西河渡に住まいと車の複合ビル「グリーンウェーブビル」新築
グリーン建築設計事務所の拠点となる
グリーンホームブランドの住宅建設も開始
平成6年7月郡上八幡町五町に郡上店開設
平成8年3月西濃店拡張し新倉庫増設
平成9年10月木材輸入専門商社「旭商事株式会社」を資本金1000万円にて設立
「グリーンウェーブビル」内に営業拠点を置く
11月旭商事は上海に事務所を設け中国材の直輸入販売を開始
平成12年8月本社内にプレカット事業部を開設
専門CADを導入しトータル販売に注力する
平成13年3月工事部門を充実し、不動産部門へも進出
12月プレカット工場としてEWB中部株式会社を合弁系体で資本金5000万円にて設立羽島にて工場を新設
平成21年3月住宅の企画提案を行う「グリーン住宅研究所」をヤマガタヤ産業(株)内に設立
ヤマガタヤ産業オリジナル商品の企画開発を行い、会員様を募る
平成23年8月住まいの総合無料相談センター「住まーとシティ」オープン
平成25年12月木材情報館Sakuraオープン
12月香港世界中小企業EXPOに出展
平成26年2月韓国キョンヒャンハウジングフェアに出展
4月愛知営業所開設
8月シンガポールBuilt Eco Expo展に出展
9月上海家具展Funiture2014に出展
9月上海国際家具展に出展
平成27年2月韓国キョンヒャンハウジングフェアに出展
6月インドネシア展示会に出展
7月上海展示会に出展
9月シンガポールBex Asia2015展に出展
9月韓国キョンヒャンハウジングフェアに出展
9月広州The best woodworking exhibitionに出展
平成28年2月韓国キョンヒャンハウジングフェアに出展
3月資本金500万円にて全国物流対応建築資材商社「ジブンハウスマテリアル株式会社」を設立
3月大名古屋ビルヂング11Fに無垢一枚板家具ショールーム「ITAKURA」オープン
4月大名古屋ビルヂング11Fにて無垢デザインフェア開催
8月銀座三越7F催場にて無垢一枚板出展
12月台湾にて台北国際建築建材展に出展
平成29年2月韓国キョンヒャンハウジングフェアに出展
4月木の塗り壁Mokkunシンポジウム開催