商品紹介

無垢一枚板施工例~Example of processed product of solid board~


漢字と英語です。中国語と英語ではありません。
弊社が抱える100樹種6000枚の無垢一枚板ですが、板のままではただの薪!(暴言)

数十年、ものによっては数百年生きてきた木を倒して、板にして、そしてみなさまの家具に生まれ変わった具体的な施工事例をご紹介させていただきます。
こちらは、昨日今日(4月21-22日)に開催している無垢デザインフェアでも展示しているスギのダイニングテーブルです。

きれいですねー。
元来、スギはやや柔らかい材なので、テーブルには不向きなのですが
なんとかかんとか※1という(おい)硬くする技術を用いて
ピアノ塗装をすることで、このような美しいダイニングテーブルになりました。



こちらは実際に、施主さんに納めたダイニングテーブルと、テレビ台の写真です。
部屋の内装の雰囲気とマッチしていて、美しさを感じますね。

設計室ないとう※2さんが、設計して施主さんに納めさせていただいたのですが、
無垢板のいいところは、「どれも一点物、同じものなし」というところにあります。

自分だけの無垢の家具、いかがですか?



※1
なんとかかんとか:WPC(Wood-Plastic-Component)と呼ばれる仮道管にプラスチック材を流し込むことで、スギの硬度を上げる技術の事。

※2
設計室ないとうさま:
一級建築士事務所 愛知県知事登録い-22第9747号

〒487-0005
愛知県春日井市押沢台5-5-2
tel 0568 94 0527 fax 0568 94 0528
mail info@naito-archi.com

業務内容
建築設計、リフォーム、住宅改修、他デザイン全般