スタッフブログ

木の塗り壁Mokkunシンポジウム開催報告


去る3月29日(水)、岐阜キャッスルインホテルにて、
木の塗り壁Mokkunシンポジウム~ストレス社会を木が癒す!~を開催致しました。

木の香りが人の体にどのように影響するのか、岐阜大学の応用生物科学部の副学部長であられる光永教授の基調講演から、MokkunをスーパーMokkunに変える新商品の発表、左官さんによるMokkunの実演、そしてパートナーさまたちとのパネルディスカッションなど、盛りだくさんのシンポジウムです。



シンポジウム開催にあたり、弊社代表の吉田芳治から、Mokkunはまだまだ進化途中の製品であり、このシンポジウムに参加していただいた
研究者、パートナー企業、代理店、みなさまとより良いものにしていきたいという熱い想いとともに、ご挨拶をさせていただきました。



続いては、岐阜大学応用生物科学部 副学部長であられる光永教授より、ヒノキの香り、スギの香りが動物にどのように影響が生まれるのかの、研究成果発表が行われました。

森の香り(フィトンチッド)の効能の可能性としてリラクゼーションや、交感神経の影響などは研究されてきましたが、樹種ごとに調査するのは珍しく、樹種によって効能が違う可能性がある、、、、と、見えてきました。
違うと言い切りたかったですが、まだまだ人体に対しては母数が少なく、これからも研究を進める価値があるとまとめられていました。



そして、おまちかねの新商品発表です。
木の塗り壁Mokkunですが、そのままでも防虫、調湿、消臭、香りなど、住まいを快適にする商品ですが、天然成分由来の為、どうしても年月とともにそれぞれの機能が衰えてきます。
それを補完、補助する目的で作られたのが、木の塗り壁Mokkunn CleanAir(クリーン・エア)です。












ここまでは座りっぱなしのシンポジウムでしたが、左官さんの実演から休憩時間になりました。
休憩時間中には、参加者全員で、記念撮影もしました。





休憩後は連携させていただいているいくつかの企業様とパネルディスカッションです。

司会進行は、弊社取締役の吉田香央里が務めさせていただきました。
全国各地でMokkunがどのように活用されているか、そしてどのような活用の可能性が有るのか、そんなことを4つの企業様からうかがうことが出来ました。
「良い事をいうだけでは、信頼は得られない」という言葉がありますが、それにしても各企業様の期待値の高さを、直接的に伺うことが出来る時間になりました。


石川県の加賀木材さまからお言葉をいただいている様子ですが。
いかがでしょう?熱い想い伝わるでしょうか?

元気ですか―! 元気があれば何でもできる!
猪木じゃないですよ。でも、猪木ばりの気持ちが前面に出ていました。



盛況のうちに幕を閉じた、シンポジウムですが最後に、参加者のみなさまからのアンケートの結果をいくつか紹介させていただきます。

<今日のシンポジウムの感想を聞かせてください。>
・本シンポジウムを通して、商品の中身まで知ることが出来ました。
・塗りの実演、実験など、実際にその場で見せていただくことで、Mokkunの良さがより伝わってきて良かったです。
・パートナー店様の取り組み状況なども分かり、これからもそのような情報をいただきながら取り組ませていただきたいです。

<Mokkunに対して今後どんなことを期待されますか>
・施工性の向上
・提案しやすいように色やバリエーション、テクスチャーの種類、カタログ、見本等ももっと分かりやすくしてくれると良い

厳しいご意見も、これからのMokkunに必要なことと捉え、さらに良いものを作っていきたいと思います。
お忙しい中、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。



木の塗り壁MokkunまたはMokkun CleanAirについてのお問い合わせは下記にて承っております。お気軽にご相談ください。

ヤマガタヤ産業株式会社 戦略企画室
〒501-6019 岐阜県羽島郡岐南町みやまち1-3
Tel 058-271-3111 Fax 058-271-3116
Mail:greenhome[at]ymg-s.co.jp
※クローラーによる迷惑メール対策の為、@を[at]と表記させていただいております