イベント情報(Commercial Message)

健康と住まいを考えるシンポジウムが開催されます

クリスマスイブに健康の贈り物を



クリスマスの最中、来る24日(日)に、朝日大学にて健康と住まいを考えるシンポジウムが開催されます。

超高齢社会を迎えている日本において、如何に日々の生活を健康に暮らすかがテーマになってきています。

冬の朝、冷たい廊下に身を縐こませることも、冷たい脱衣所から急に温かいお風呂に入ることも(気持ちいいですが)
実は、身体にとっては、ストレスになっていることはご存知ですか?

①暖かい家に住むと健康寿命が4年伸びる
②地域の包括ケアにより、対象者の血圧が下がった

など、健康的に過ごせる住まいを考えている工務店さんにとって、有意義な情報が得られるシンポジウムとなっております。

・首都大学東京 名誉教授 星氏 「ピンピンコロリの為の過ごし方」
・慶応義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 主任教授 伊香賀氏
「全国の医学、建築学の先生方と調査した健康な住環境と過ごし方」 

より基調講演をいただいた後、パネルディスカッション「長生きするための健康増進の方法」として
引き続き、星氏、伊香賀氏の他、瑞穂市長、山口県立大学 看護栄養学部 教授 田中氏、中部大学 生命健康科学部 スポーツ保健医療学部 教授 那須氏
という豪華なパネラーたちを、コーディネータに(一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議 理事長 上原氏がまとめます。

申込は、下部のpdfをご参照ください。
メールまたは、裏面を印刷後、ぎふ健康・省エネ住宅推進協議会までFAXを、お送りいただければと思います。

クリスマスシンポジウム in 瑞穂市
12月24日(日) 13:00~15:30
朝日大学 6号館 2階 6201教室
〒501-0296 瑞穂市穂積1851

主催 (一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議
後援 (公社)日本医師会、(公社)日本歯科医師会、(公社)日本薬剤師会、(公社)日本建築士会連合会
(特非)日本主婦連合会、日本生活協同組合連合会、ぎふ健康・省エネ住宅推進協議会


ファイルを開く